ムーン=ムーン 国家解説*エルフィア帝国編

大陸については地理解説*エルフィア大陸編を参照のこと。


ムーン=ムーン(MM)歴元年建国
人口:約100万人
首都(中心地):グラン・ヴェール
現在の皇帝:不在

*世界を救った聖剣士の一人、ユーレンス=E=エリアソンが建てた国。
ユーレンスが竜騎士(ドラゴン・ナイト)だったことから「竜騎士の国」と言われている。
この国は貴族(ノーブル)より騎士(ナイト)が多いところでも知られています。
…とはいっても大半がもともと貴族(ノーブル)であった者が金を積んで階級をもらったという噂があり、一般的に騎士(ナイト)階級といわれる品格を持つものが少ないのはそのためとも言われている。これが帝国内にさまざまな差別問題を引き起こしています。

現在は皇帝ユリア=C=エリアソンが宰相であるレヴィ=ルードに抹殺され、その彼が事実上帝国を独裁政治で支配している状態にある。また、皇帝ユリアが庶民との間にもうけたとされる嫡子がどこかにいるという話らしい。
余談ですが帝国なのは初代皇帝のユーレンスが
「王国なんておとなしい名前にするものか!どうせなら帝国の方が強そうだ!」と言うとんでもない理由から。

各都市の紹介
*帝都グラン・ヴェール(Imperial City Gran-Vell)*
エルフィア帝国の中心都市。世界最大の人口を誇る大都市。
この都市にエルフィア大陸の象徴「白銀の城(シルバー・パレス)」があり、
安定の象徴「白銀の珠(シルバー・オーブ)」がまつられている。
金で階級を買ったエルフィア騎士と呼ばれる貴族たちが幅を利かせているため治安は悪く、
庶民の中でも貧しい者が集まる貧民街あたりの治安は最悪。

*軍事都市エル・ファリア(Military City El-pharia)*
領主:レイラ=エルアード/2ndロード:カイドウ=神楽=マドリード
「エルフィア3騎士」のひとつ、エルアード家の領地の中心都市。
この都市は帝国史上初の女性領主であるレイラが治めている。
帝国最強の空の騎士団「竜騎士団」ほか主要部隊の半分以上が集結した帝国の軍事拠点。帝国の支配権を得たレヴィ兄弟が軍部の掌握をできなかったのは領主であるレイラに恐れをなし、この都市への介入ができなかったためである。

*港湾都市ラナ・シー(Harbor City Lana Sea)*
領主:トーヤ=ティファニー/2ndロード:セレスティア=ティファニー
「エルフィア3騎士」のひとつ、ティファニー家の領地の中心部。
エルフィアの海の玄関口。ミューズ王国への連絡船がでている。
ここからもごくごくまれにファンタ大陸への船がでている。

*湖上都市リューエル(Lake City Ruel)*
領主:ディース=ゲイル/2ndロード:エンティス侯爵家当主(ルヴァの父)
「エルフィア3騎士」のひとつ、ゲイル家の領地の中心。
神秘の森の中にあり霧が立ちこめる神秘的な湖、ミスティ・レイクの上に立てられた美しい都市。
エバンス王国第二都市と姉妹都市の関係を結んでいる。

*レスティン(Restin)*
領主、2ndロード共になし。
騎士団領がある大山脈を登る人たちに物資と休息を提供する街。
帝国内で唯一中立を保っている。領主はおらず、住民たちが力をあわせて町を切り盛りしている。また、ここの住民は宰相に反旗を翻そうと計画しているレジスタンスだとも言われていてそのリーダーは僧侶騎士の女性らしい。

*騎士団領ウインド・シティ(Knights Territory Wind City)*
初代領主:レイカ=霜月=フェルニール
現領主:スミヤ=ローラン(風騎士団団長)/2ndロード:風騎士団副団長
大山脈の上、雪降り積もる大雪原に建てられた騎士の街。
帝国最強の陸の騎士団「風騎士団(ウインド・ナイツ)」の本拠地。
大雪原に本拠地を置いた理由は暑さ寒さに耐えうる屈強な騎士たちを育成したいと言う創立者の思惑があったようだ。実際地上部隊では最強の騎士たちが毎年養成されている。領主は世襲制ではなく騎士団で一番強いものがなると言う決まりがある。
また、騎士団の方針で「エルフィア騎士」は団に入れない決まりがある。

戻る