ムーン=ムーン 国家解説*その他国家や都市

【エルメス王国】
建国年不明
人口:約2万人(=エルメス島の人口)
首都:
現在の国王:エルヴァン=ウィル=エルメス

エバンス王国の北西に位置し、鉱物資源が豊富なエルメス島にある小国家。
この国でしか採れない資源がたくさんあり、その中でも武器に使われる「エルメシウム」が
他国の王達は喉から手が出るほどほしがる代物。代々の王はこのエルメシウムで各国と取引をし、小国ながらエバンスやエルフィアなどの大国と対等に渡り合ってきた。
乱獲を防ぐため基本的に島で採れる鉱物は全てエルメス王家で管理している。そのせいか
3年ほど前にエルメシウムを独占したい諸侯たちにより内乱が起きた。前王の二人の姉弟が
これを見事に鎮めたが跡継ぎであったはずの王女セルヴィアが突如姿を消し、その結果
彼女の弟であるエルヴァンが新たな王として君臨した。現在は若き王のもと平穏な日々を過ごしている…ように見えたが彼を傀儡にしようとして失敗した者達が不穏な動きをしているらしい。


【独立都市ルナー】
人口:約8千人(=ウィスパー島の人口)

エバンス王国の南西にあるウィスパー島にある小都市。
現実世界の言葉で言えば「南国ムード漂うリゾート地」といった感じの観光地。
主にエバンスの者が観光のためにやってくることが多く、争いなどとは無縁の平和な地。
どこの国にも属さないため「独立都市」とされています。もちろん中立であります。

ムーン=ムーン 地理解説

【エルメス島】
エルメス王国を参照。
本島の横にある小さい島は鉱山島といい、その名のとおり鉱山で成り立っている。
鉱山島の9割がエルメシウム鉱山でこの島でのみエルメシウムが採取できる。
この島と本島をあわせてエルメス島と呼ばれることがほとんど。
島への移動手段はエバンス王国第一都市に小さい港がありそこからエルメス王国への連絡船に乗っていく以外に方法はないです。

【ウィスパー島】
独立都市ルナーを参照。
島の南側に大きな砂浜があり、この島近辺の海は穏やかかつ獰猛なモンスターも存在しないのでムーン=ムーンで唯一海水浴が楽しめる場所。この島への移動手段はエバンス王国第六都市の南とウィスパー島の北に大きい橋がかかっているのでそれを渡っていくことで行くことができる。
国境の関所はウィスパー島側に存在します。

【フューラ島】
ルーンフェル大陸の南東に位置し、ミューズ王国魔都フューラがある小島。
昔は無人島だったが50〜60年ほど昔にリディルの縁者ティアラがこの島に魔法学園を建てたことから魔法使いの島として発展し、現在では島のほとんどが都市化しています。
都市の詳細はミューズ王国魔都フューラを参照。

【火山島セルヴァ】
人口:不明

エルフィア大陸のはるか南に位置する小さな島。赤い髪と瞳を持つ
セルヴァ族という火の聖剣士の一族がおり、エルフィア人からは蛮族と蔑まれているが
戦闘能力が高く、仲間を思いやる気持ちが強いことが知られている。
島の7割が火山で占められ、人が住めるところはほんの僅か。火山からの熱気で年中高温で
熱に耐性のあるセルヴァ族以外のヒトは島に長く滞在することはまず不可能。


戻る